日本と海外FXの大きな違い

「世界の為替を売買できるのって凄いなあ」とって思って始めた私のFX。

「投資となると資金がないとできない。」そんな常識に反して、かなり低い額の数千円からでもできるのが今のFXのよいところでもあり、人気の秘密です。

数千円でしたらサラリーマンのお小遣いでもできて、夜の自由な時間にできるのは、私にとって大きい魅力です。FXのルーツは海外で、日本よりはもっとスケールの大きいトレードが可能なのだそうですから、海外FXもやってみたいのです。

日本と海外FXの大きい違いはレバレッジで、25倍までしかできない日本と違って、海外特にアメリカでは制限がありません。1000倍レバレッジのFXって、私には想像できませんが、一度はやってみたいな。

でも自由度が高くてスケールの大きい海外FXは、色々調べていくとその分だけ危険性へのリスクが高いことが分かってきました。海外FXが面白そうなので、ネット画面を覗きながら海外FXの会社にアクセスしてみました。

海外なので英語だと思っていたら、日本語の説明も多くて、誰でもすぐに海外FXの口座を作れます。でも心配なのは、海外FXには無免許(金融ライセンス未取得)業者も多く存在するのだそうです。

何事にも国の管理が行き届いている日本と違って、海外FXの危険性は高そうです。レバレッジが無制限なのが海外FXの最大の特徴ですが、大きく稼げる可能性と同時にあっと言う間に膨大な損失が発生するかも知れません。

FXって一旦、証拠金を預けておいて為替を売買する金融商品です。ですから預けているFX会社が信用できるものでないと安心できません。

日本のFX会社は国の許可を得ていて殆どが信託保全されています。証拠金は別経営の金融機関に預けられているので、倒産しても証拠金は保障されています。でも海外FX会社はそうでないものもあるので、私は国内FX会社でないとやっぱり安心できませんね。

海外FX会社の中には、現地の金融当局からライセンスを剥奪されていても平気で取引を行っているところもありますので「金融ライセンス情報」、特にどこからライセンスがおりているのか必ず確認した方が良いですよ!