メモリアルデー

28日のNY市場は、メモリアルデーのためにお休みでした。 メモリアルデーとは、戦没将兵追悼記念日のことです。戦争等で、命を落とされたアメリカの兵士を追悼する日です。

日本で追悼する日となると暗いイメージがありますが、アメリカではパーティーそのものです。兵士は国のために戦ってきた英雄なので、彼等を称えるためにイベントを開催するという訳です。

メモリアルデーだったこともあり、米国市場はお休み。為替はというと、ドル円はほぼ動かず状態です。109.3円から微動だにしません。ユーロドルはイタリア・スペインの政治不安で値を落としたものの、NY時間に限ってはピタリとも動かず…。

ただ動かないからこそ、今後の動向には注意を払いたいものです。特にイタリアとスペインの動き、アメリカと北朝鮮との関係性は目を光らせておきたい所です。